私的ブログ インテリアや住まいのこと


by esense343

タグ:インテリア ( 3 ) タグの人気記事

本棚

よく子供の頃にTVでみた、動くスライド式の本棚。
本は結構買う方なので、置き場所がなく困って、古本屋さんに売っていましたがスライド式コミック収納ってよさそう。

コンパクトサイズなのに長編コミックも全巻入り、棚を替えずにスッキリ収納もできます。
奥側の本を取り出し時はどうするのかと思ったのですが、わざわざ前面側の本を取り出さなくてもスライドするだけで簡単に奥の本が出し入れ可能です。

子供や女性でもスライドしやすいようになっているから家族全員でも使うことができます。
使わない思い出の本は奥にやって、今使う本は前に持ってくるといいですね。
縦に連結が可能なので買い足しすることもできます。

L型接続金具付・転倒防止具付だから防災にも適しています。

大判コミック本が約180冊入りますし、ビデオテープなら約192本収納可能な収納棚なんでDVDなら一体どれだけ入るんでしょう???
あわせて子供用家具も気になります。
奥行に余裕を持たせた新タイプなので本体は左右で固定棚2枚、可動棚4枚付(3.2cmピッチ5ヶ所移動)、スライド部(2ヶ所)は固定棚1枚、可動棚2枚付(3.2cmピッチ5ヶ所移動)です。

ホワイトやナチュラル、ダークブラウンの3色があるんですが、ダークブラウンが一番知的な感じがします。

チョコレートの人気ブランド
[PR]
by esense343 | 2008-02-25 13:05 | インテリア雑貨

コルクマット

クッション性のあるコルクマットは子供がいる家庭には必需品ですよね。
コルクマットはカッターやハサミなどで簡単にカットできるからどんなお部屋でも合わせることができるのでデザイナーズ物件にも。
子供部屋の床だけでなく、リビングやダイニング、玄関、廊下などにも使えます。


今は取り外しが簡単なジョイント簡単、レイアウトも自由自在な正方形の形のコルクマットがありますね。夏は涼しく、冬は暖かいコルクマットはガラスのコップを落としてしまっても割れにくいのが特徴。また、階下へ響く物音も軽減しますし、木の床に比べると目立つ傷もつきにくいです。通気性もいいし、クッション効果な弾力性で、気になる足音も少なくなります。


簡単に敷いたりはがしたりできるので色違いを買ったりして模様替え気分で楽しめちゃいます。
ワインのコルク栓に使われているくらいだからコルクは水分に強いので水を使用するキッチンや洗面所、浴室の脱衣所などでも置くことができます。

滑りにくいので子供やペットがいても安心。
飲み物をなどをこぼしてしまっても雑巾で水拭きできるので汚れを落とせます。
ペット可賃貸マンション東京や大阪でもよく見られます。
汚れを綺麗にしたい時は汚れた部分だけ取り外して水洗いすることもできるので、もう汚れが怖くありません。

コルクマットを日陰干できるので清潔ですし、カーペットなどと違い毛足がないのでダニなども気になりませんよね。
[PR]
by esense343 | 2008-02-25 12:50 | インテリア雑貨

ビーズクッション

ビーズクッションって触り心地がさらさらしたビーズがたっぷり入ってますよね!
店頭にあったら思わず触ってしまいます。

見た目にもかわいいからインテリアとしてありです。
座り心地や触り心地は少し冷たいふわふわ雪に、体が埋もれるような感覚です。
雑誌やTVを見る時などに最高にくつろげます。
ビーズクッションは軽いので気軽に使えて持ち運びも便利です。


座り心地も極上です。リビングでくつろぐとき、パーティーを開いたとき、お部屋に転がしておくだけで大活躍!

ビーズがこぼれないように二重ファスナーの安心仕様なので、あやまってファスナーが開いてしまった時にもハラハラしなくてすみます。
ビーズの補充もできるので、ビーズが古くなってきたら入れ替えたり、足したりすることもできますよ。

だからどんな格好でくつろいでも体をやさしく包んでくれますし、自由自在に変形します。
背中の部分は高さがあるので座った時にしたのビーズが集まって、椅子のように使うこともできます。姿勢によいのはやはり普段の運動?

家に1個は欲しいふわふわの触り心地のビーズクッション。
夏もひんやり冷たくていいです。
個人的には椅子感覚で使える巨大なビーズクッションがイチオシで、ベットの上でも使えます。
[PR]
by esense343 | 2008-02-25 12:34 | インテリア雑貨